関西風お好み焼きと広島風お好み焼きの違い

関西風お好み焼きと広島風お好み焼きの違い

お好み焼きは、地方によってそれぞれ異なった特徴があります。
粉物料理は具に厳密な決まりがないため、その地域の特産物を使う事で地域の味になります。
特に有名なのが広島風お好み焼きと関西風お好み焼きです。
この2つのお好み焼きの違いをご存知でしょうか。皆さんの普段食べているお好み焼きはどちらなのか考えてみましょう。

 

広島風お好み焼きは、戦後に被害を受けた焼け跡で営業していた屋台が始まりと言われています。
最初に生地を薄く焼き、その上にキャベツの千切り、そばやうどんといった麺、豚肉などを乗せて焼く「重ね焼き」といった方法で作ります。具材を生地の中に混ぜ合わせないのが特徴です。

 

具を上に乗せた後、繋ぎとして上から生地を少し垂らし、ひっくり返します。
鉄板に卵を焼き、目玉は潰して円盤状にします。その上にお好み焼きを乗せ、最後に卵の面が上になるようにひっくり返したら完成です。

 

大量のキャベツと中華そばなどの麺を入れる事、そして最後に卵を焼く事が最大の特徴と言えます。
ソースも甘めで、マヨネーズもあまりかけないようです。

 

関西の下町で広まった料理であり、一般家庭にも親しみの深い料理です。
最初は店で作られたものを家庭に持ち帰り食べるというスタイルでしたが、店で食べるスタイルが徐々に広まり、現在では多くのお好み焼き屋さんが店内で食事をするスタイルになっています。

 

関西風お好み焼きは広島風お好み焼きとは違い、具材を全て混ぜ合わせてから鉄板で焼く「混ぜ焼き」といった方法です。
そのため生地が厚く、ふっくらとした軽い食感を楽しむ事ができます。
広島風お好み焼きとは違いソースは辛口で、粘度もあります。お好み焼きソースの種類も豊富で、関西人のソースへのこだわりが伺えます。
また、マヨネーズをかける事が多いです。

 

 

お好み焼きはその名の通り、自分の好みでトッピングを決める事ができます。
当店では関西風お好み焼きの一種であるモダン焼きや、神宮茶屋風広島焼など、関西風お好み焼きと広島風お好み焼きの両方を楽しむ事ができます。
シーフードやチーズ、もちなどものトッピングもおすすめです。

 

店を貸し切って大人数での宴会も可能です。アルバイトスタッフも活躍しております。
名古屋、上前津、大須で鉄板焼きのお店を探しているのなら、当店をご利用下さい。

Yahoo!予約で予約する

ページの先頭に戻る