もんじゃ焼きの歴史

鉄板の上で焼かれるお好み焼やもんじゃ焼きは、野菜もたっぷり食べられて、トッピングのレパートリーも豊富にあります。
多くの方が好きな食べ物ではないでしょうか。

 

もんじゃ焼きの歴史

お好み焼きともんじゃ焼きは、大阪と東京で対立する事が多いですよね。二つの料理は作り方・見た目・食べ方が全く異なります。
実は、最初に誕生したのはもんじゃ焼きが先なのです。こちらでは、もんじゃ焼きの発祥の歴史についてご紹介します。

 

もんじゃ、という名前は少しユニークですよね。
この名前の由来は諸説あり、有力な説が江戸時代の寺子屋にまつわる説です。
江戸時代に紙を使えなかった子供達が出汁に小麦粉を溶き、鉄板の上に文字を書いて食べながら覚えたという説です。
「文字焼き」という言葉が変化し、今の「もんじゃ焼き」になったと言われています。

 

その後、東京の下町で小麦粉を水で溶いたものを薄く焼き、せんべいのようにした物が売られるようになり、子どもたちのおやつとして広まっていきました。
これが、現在のもんじゃ焼きの始まりと言われています。

 

駄菓子屋で子供相手に売られていたものであり、醤油や蜜など、味をつけて食べるものでした。
ウスターソースが外国から入ってくるようになると、ソースをつけて食べる事が広まりました。
このもんじゃ焼きは全国に広がり、後にどんどん焼き、そしてお好み焼きなどが派生してできたと言われています。

 

最初は具も一切入っておらず、パリパリになった生地を食べるといったものでしたが、昭和時代の中期になると今のようにキャベツや豚肉が入るようになりました。
もんじゃ焼きの具に決まりはありません。基本的に入っているのはキャベツで、そのほかは好きなようにアレンジできるのが魅力です。

 

地方によっても特徴があります。
名古屋に店を構える当店では、八丁味噌を使ったもんじゃ焼きを提供しております。

 

 

鉄板の上の料理を皆で食べるのがもんじゃ焼きの醍醐味です。宴会や女子会、デートにも当店はおすすめです。
元気なアルバイトスタッフが焼き方のレクチャーも行ないます。
上前津、大須近辺にお住まいの方は、ぜひご利用下さい。

Yahoo!予約で予約する

ページの先頭に戻る