お好み焼きの栄養

関西の名物食として有名なお好み焼きですが、現在では日本全国で親しまれています。
家族みんなで鉄板を囲みながらお好み焼きを食べると、自然と家族間の会話が増えて家庭の雰囲気も明るくなります。
そんな日本国民に愛されている、お好み焼きの栄養について、ご説明します。

 

お好み焼きに使われている材料としては、小麦粉・キャベツ・豚肉などがメジャーです。
小麦粉には、体を動かす原動力となる炭水化物や、タンパク質が含まれています。
そして、生地にたっぷりと使われるキャベツには、ビタミンCやビタミンU、カルシウムなどの栄養素が含まれており、ビタミンUには胃を元気にしてくれるはたらきがあると言われています。
ビタミンCは、熱を加えると分解されてしまいますが、小麦粉がキャベツから出たビタミンCを受け止めてくれるので、しっかりと栄養を摂取する事ができます。
キャベツは加熱するとかさが減るので、生で食べるよりもお好み焼きにした方が量を多く食べられます。
豚肉は、牛肉や鶏肉よりもビタミンB1が豊富に含まれているお肉です。
ビタミンB1は、疲れているときに摂取しておきたい栄養素なので、お好み焼きは仕事帰りの宴会におすすめの食べ物なのです。

 

お好み焼きの良い点は、好きな具材を混ぜて食べられる事です。
スタンダードな具材に、いか・たこ・えびなどの魚介類や、ねぎ・キムチなどの野菜類、ラーメンなど、色々なものを混ぜて楽しむことができます。
豊富な具材を入れる事で、1日に必要な30品目のうち、10品目以上の食品を一度に摂取する事ができるのです。

 

味の決め手となるお好み焼きソースには、野菜と果物が主原料として使われており、油が含まれていないので、栄養がたっぷりでヘルシーです。
ソースに含まれているクエン酸は、食欲を掻き立ててくれるので、お好み焼きが一層おいしく感じられると思います。
お好み焼きソースは、しょうゆよりも塩分が少ないので、たっぷりかけてみてはいかがでしょうか。

 

 

名古屋に店を構えている当店では、様々な具材のお好み焼きをご用意しております。
熱々の鉄板で焼かれた、おいしいお好み焼きが食べたい!と思った際には、ぜひ当店へお越し下さい。

Yahoo!予約で予約する

ページの先頭に戻る